男性用育毛剤と異なる女性用育毛剤の特徴

女性が使用する育毛剤の特徴とは?

育毛剤といえば、中高年男性向けに開発された商品が主流として販売されていましたが、女性向けに開発された育毛剤も販売されるようになっています。
薄毛に悩みを持つ女性は、年々増加していることが報道されており、女性向けの育毛剤の販売も好調です。
男性と女性では、薄毛になる原因に違いがある場合があるために、使用する育毛剤も違いのあるタイプが開発されています。
男性に多く見られる男性ホルモンが原因で起こる男性型脱毛に効果的な育毛剤は、女性が使用しても効果を期待することはできません。

女性専用育毛剤は男性用とは成分が異なる

女性の薄毛についても、医師による薄毛治療のガイドラインが発表されています。
それによるとミノキシジルという成分を含んだ育毛剤が、女性の薄毛予防には最も効果的だと認められています。
ミノキシジルとは、血管拡張剤として開発された成分ですが、臨床実験において被験者に高い確率での発毛が起こった為に、育毛剤として転化されたという歴史を持っています。
ミノキシジルは、女性の薄毛にも使用することができる成分ですが、副作用として、頭皮以外の部位の多毛症が報告されています。
特に女性の場合には体重が軽いために、ミノキシジルの成分比率が低いものが、女性用として推奨されています。

女性が使用できる育毛剤に特効薬はない

このように薄毛の予防のためには、ミノキシジルなどの薬用成分配合の育毛剤を使用するのが、効果的な方法として挙げられています。
男性の場合は、過剰な男性ホルモンが原因となっている場合が多いのですが、女性は男性型脱毛ではないため、異なるアプローチが必要となります。
男性に有効な効果を持つ育毛剤は、女性が使用しても効果がありません。
現在では、女性専用の育毛剤も製造されて販売されるようになっていますが、男性用の育毛剤と比較すると商品の種類は少ないように思われます。
そこで重要なのが、女性の原因の多くを占めるストレスの解消や、生活習慣の改善によるホルモンバランスの回復です。

生活習慣の改善で薄毛を治す

女性で薄毛の人は、生活習慣が乱れていることが多いと言われています。
生活習慣は健康だけでなく髪の毛の成長にも影響を与えるものですので、抜け毛が目立ち始めたら見直してみることをお勧めします。
実際に薄毛の要因になる生活習慣として挙げられるのは、栄養バランスの偏った食事や運動不足、睡眠不足、喫煙です。

ダイエットも薄毛の大敵になる

栄養バランスは偏食の人やダイエット中の人が乱れやすくなります。
運動不足も一見関係のないことのように思えますが、実は血流を改善して循環を良くするために必要なことなのです。
また、睡眠不足の人は、成長ホルモンが一番分泌されると言われている夜10時から翌2時の間位はしっかりと休むようにしたいものです。
喫煙の影響はほとんどの人がご存知だと思いますが、いきなり止めるのではなく少しずつ減らしていくだけでも効果があります。