育毛剤を選ぶ前に脱毛のメカニズムを知ろう!

若い人でも簡単に禿げることがある

育毛剤が数多く販売されていることからも薄毛やハゲに悩んでいる人は多いことがわかります。
若い人でも自分は関係ないと思っていてもちょっとした生活環境の変化やストレスが原因で薄毛になったりハゲになる人もいるのです。こうした人は生活環境を改善したりストレスを除去することで毛が生えてくることも多いですが、少しでもこうした育毛を助けるのが育毛剤です。

抜け毛や薄毛にはなんでなるのか?

そもそも毛というのは毛母細胞と呼ばれる細胞が活動することによって生え、毛が成長するのです。この毛母細胞が正常に働かなくなると毛が生えてこなくなるのです。しかし毛にもサイクルがあって成長期、退行期、休止期とそれぞれの期間によって毛が成長したり抜けたり毛の成長が休止したりするのです。成長期は3から5年、退行期は2週間、休止期は3か月といった具合のサイクルでそれぞれ繰り返しているのです。

髪の毛が抜けるのは自然のサイクル

上記でもあるように健康な毛母細胞でも毛が抜けることは正常です。健康な人でも平均で50本から100本程度の毛が毎日抜けているのです。
問題はこの正常なサイクルに異常が起こる時です。

薄毛やハゲは抜けた毛が生えてこなくなる症状

薄毛やハゲの人は毛母細胞が働かなかったり毛母細胞の働きを阻害される成分が分泌されることにより、毛が生えてこなくなるのです。この毛母細胞の働きを助ける成分を配合したものや毛母細胞の働きを阻害する成分を抑制する成分を配合したものが育毛剤には配合されているのです。

育毛剤で頭皮に栄養を与えることができます

髪にとって必要な栄養を与えることは、頭皮環境を改善させます。サイクルを前に回すのに役立つのです。
たとえサイクルが阻害されていたとしても、育毛剤や頭皮マッサージなどの刺激によって自分の髪の毛をより長く残していける可能性が出てきます。

ハゲや薄毛にはパターンがあります

ハゲといっても前から剥げている人もいれば頭頂部から剥げている人などその進行具合は人によって異なります。更にはハゲの原因も人によって異なるのです。生活習慣や食生活を改善すれば症状が改善する人もいれば体のホルモンバランスを改善することで症状を改善することが出来る人など人によって必要とされるものが異なるのです。
上記でも述べたように毛にはサイクルがあるのでどの商品を使用するにしてもすぐに効果が出るわけではありません。ある程度使い続けることが必要なのです。”