肥満や運動不足の予防は、抜け毛や薄毛の予防にもなります

適度な運動が抜け毛を防ぐ

抜け毛や薄毛の予防をするのであれば、肥満や運動不足の予防を行うことをお薦めします。
なぜならば、肥満や運動不足になれば心肺機能の低下により血行が悪くなるからです。
血行が悪くなれば、血液によって運ばれる髪の元となる栄養分が、髪を作っている毛母細胞へと運ばれ難くなります。
そうなれば、髪への栄養供給が安定しなくなり、健康で丈夫な髪が育ち難くなり、抜け毛や薄毛の原因になってしまうからです。

運動をすれば頭皮の血行もよくなります

そのため、肥満や運動不足の予防で、適度な運動を毎日の習慣に取り入れることによって、それが抜け毛や薄毛の予防にもなるのです。
また、運動するのであれば、軽いジョギングやウォーキングがお薦めです。
その理由は、特別な道具を必要としないため、手軽に誰でも始められるからです。
頭皮マッサージと共に、運動も習慣づけましょう。

薄毛の予防には、早寝早起きも大切です

抜け毛や薄毛を予防するには、睡眠というのもとても大切です。
そして、普通の生活をしている人には当たり前のことかも知れませんが、睡眠をとるなら夜が最適です。
その理由は、髪の毛は夜に最も成長するからです。
夜に髪が成長するのは、髪の成長を促すホルモンの分泌に関係しています。
髪の成長を促すホルモンは、睡眠中の夜10時から深夜2時までの時間帯に最も多く分泌されます。
そのため、この時間帯に良質な睡眠をとることができれば、髪の育毛や発毛を促す効果が期待でき、それが抜け毛や薄毛予防に繋がるのです。

夜9時に寝るのが理想的

そして、この最も髪の成長が期待できる時間帯に睡眠をとるのであれば、遅くとも夜9時頃には床に就いていなければいけません。
大人が寝る時間としては、少し早すぎるかも知れませんが、早く寝た分だけ早く起きて何かをすれば良いだけですから、余程のことがない限りは問題がないと思います。
現在、私が行っているのは早く起きて朝食前に軽いジョギングなどの適度な運動をしています。
運動というのは、健康に良いだけではなく、抜け毛や薄毛の予防にもなりますから、とてもお薦めなのです。